認定こども園 こまつ保育園


保育園 入園案内     年間行事     

教育目標     沿革     特色     情報公開     一日の流れ        


苦情処理解決公表            

認定こども園こまつ保育園は、利用者の皆様から寄せられた苦情について、適切な対応によりその解決にあたります。
苦情およびその解決については、個人情報に関するものや申込者が拒否した場合を除き、当ホームページに公表し、保育園の改善に努めます


教育目標

明るく  たくましい  心豊かな 子ども  



  

 育てたい子どもとは・・・

 ・自信を持ち自分を好きになる子ども(自尊感情の芽生え)
 ・生き生きした意欲と好奇心を持った子ども(自発性)
 ・友だちや周りの人に温かい気持ちを持った子ども(人と関わる力)
 ・命を大切にする子ども(豊かな感性)        
 ・自分のことは自分でしようとする子ども(基本的生活習慣)



沿革    

学校法人専念寺学園 小松幼稚園 沿革

 当園は、寛永20年に建立されました専念寺の境内地に、戦後の混乱期に幼児教育の重要性を痛感した
初代園長 太田正元、太田八重により昭和24年に開園された。  

 開園当初は本堂とお堂のみの保育室でしたが、昭和26年に木造保育室が新築される。
それ以後、施設の充実を進めながら平成7年には新講堂の完成に至る。
その間、1万人以上の子供たちが当園から巣立っていく。

 開園以来、仏の心を教育理念として「明るく」「心ゆたかに」「たくましく」を教育目標として
教職員一同日々幼児教育に携わっている。

昭和24年9月 (開設)本堂。庫裡を利用して小松幼稚園を開園。園児約80名2クラス
昭和25年 3月 第一回卒園式 卒園児59名
昭和25年10月 宗教法人小松幼稚園認可 初代園長 太田正元 初代理事長 太田正道
昭和31年 4月 通園バス使用開始
昭和36年 8月 鉄筋2階建保育室増築
昭和43年10月 創立20周年記念
昭和50年 3月 初代園長 太田正元 退任
昭和50年 4月 二代園長 太田敬子 就任
昭和52年 2月 鉄筋2階建保育室職員室増築完成
昭和54年10月 創立30周年
昭和62年 4月 学校法人専念寺学園小松幼稚園 定員620名
昭和62年11月 二代園長 太田敬子 大阪府知事表彰
平成 4年10月 二代園長 太田敬子 文部大臣賞受賞
平成 6年11月 初代理事長 太田正道  大阪府知事表彰
平成 6年11月 二代園長 太田敬子 勲六等宝冠章授与
平成 7年 2月 講堂・遊戯室完成
平成11年10月 創立50周年
平成18年3月二代園長 太田敬子 退任
平成18年4月三代園長 太田洋子 就任
平成23年4月 認定子ども園認定



特色

感動体験がいっぱい

「なんて面白いの!」「すご〜い!」
水遊びや泥んこ遊びなど、自然の力を大切にした保育を行い、
感性豊かな子どもを育てます。

自分も友だちも大切にする子どもを

「お兄ちゃんが手伝ってくれた」「よかったね」
クラスや年齢の異なる子ども同士の交流《にこにこ保育》を通して、
『思いやりの心』や『人と関わる力』を育てます。

一人ひとりを大切にした保育を

こまつ幼稚園には様々な経験年数、年齢の教職員が多数在籍しております。
クラスの担任のみではなく、教職員全員で連携を取り合って『チーム保育』を行い、
一人ひとりの子どもに応じた適切な援助をしていきます。

心のつながる子育て支援を

気軽に参加できるクラス親睦会や、希望される方は自分の趣味を活かした
園内ボランティア(絵本の読み聞かせ、パッチワーク教室、人形劇団)などに参加して頂き、
新しい人との出会いや、新しい自分との出会いを作るお手伝いをします。
大人が仲良くなれば子どもも仲良くなるって昔から言われていますよね。
また、キンダーカウンセラーにもご相談いただけます。
こまつ幼稚園は『あったか〜い、心がつながる子育て支援』を目指します。

       
 




一日の流れ

時間 活動内容
 7:30


 9:00


 9:30

 11:10


 12:00


 15:00

 16:00

 17:20

 19:00
(土曜18:30)
○随時登園
 ・検温・視診
 ・持ち物の始末
○生活とあそび
 ・基本的生活習慣(午前睡 0歳児)
 ・個々の発達に合わせたあそび
○おやつ
 〜あそび
○給食
 〜食事後、午睡の準備

○午睡(お昼寝)


○おやつ
○健康視診
○随時降園 [16:00 短時間保育降園]

○合同保育 人数が減るので0,1,2歳児合同保育となります。

最終降園
※土曜日は人数により幼稚園と合同になります。